福島県浜通り模型製作愛好会「Zu・Klone」(ツックローネ) BBS

166813
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

3月例会お疲れ様でした。 - 事務局 江井

2019/03/19 (Tue) 20:41:34
*.ocn.ne.jp

 3月17日(日)、当会の月例会を開催しました。会員の皆様、お疲れ様でした。

 ここで、会員の皆さんにお詫び申し上げます。私の方で、3月例会写真を当家のデスクトップコンピュータにSDカードから移動させるときに、処置を誤りまして写真データを消失してしまったのです。SDカード内でデータを削除してしまいました。ネット上の情報をもとに、いくつか復帰の作業を実施してみたのですが、うまくいきませんでした。今月も会員の皆さんが、素晴らしい作品を持参してくれましたのに、どうもすみませんでした。
 代わりに例会の要項資料を掲載させていただきました。Meetingコーナー内でご確認ください。

CGですが! - 事務局 江井

2019/03/11 (Mon) 21:27:41
*.ocn.ne.jp

  さいと~様 エアーモデラーとお呼びしてもよろしいくらいの、レアなキットへの取り組み、お見事です。

  Mスケールモデラー様、貴重な接着剤と塗料の関係についての、経験にもとづく深いご洞察に感謝申し上げます。

  さらにMスケールモデラー様が先日紹介してくださったYOUTUBEでの映像を、昨日視聴させていただきました。おかげ様で、スピットファイヤーの飛行状況やHe111の内部について詳細な資料とすることができ、製作に大いに役立ちそうです。CGとはは言え、実機について忠実に再現しており、美しく、うっとりするほどの映像でした。ありがとうございました。

(仮) さいと~

2019/03/10 (Sun) 22:36:29
*.odn.ne.jp

自分勝手な投稿ですが・・・。
着手中の1/72 B377 パンナム仕様機です。
昨年秋から着手し、何度、仮組み・分解した事か・・・。
そろそろ、部品を固定したいところです。
テールヘビーなので、機首には相当なオモリが必要です。

Re: (仮) - MSモデラー

2019/03/11 (Mon) 00:37:16
*.ocn.ne.jp

さいと~様

アカデミーのストラトクルーザーを製作中とのこと。
小生も10年くらい前に給油機型を作り始めたのですが塗装途中で中断しています。
中断の理由は、機首のクリアー部と胴体との接着部が、下塗り状態では何ともなかったものが、仕上げの銀塗装後にクッキリと浮き上がってしまったためです。
修正には一度塗装を落として下塗りからやり直す必要があるため、そのうちに、と思っているうちに10年経ってしまいました(^^;)

原因としては、接着剤に含まれる溶剤が時間をかけて徐々に表面に染み出すため、その際に塗装を痛めるものと考えています。

タミヤの白フタのような樹脂入り接着剤は、多めに使うと接着の数か月後でもメタリック系やパール系の塗装には影響する気がします。(何回か泣きを見た)

なので、樹脂分が無くて揮発の早い流し込み系を使用し、接着後十分乾燥時間をとるなどする必要があると思います。
小生はこのため最近はもっぱら瞬間接着剤を使うのですが、下手すると白化の恐れがあるので積極的にはお勧めしません)

機首の錘は、スペースが少ないので、小生は版画用の朴材の板に、機首内部にうまく収まる形の鋳型を彫刻刀で彫り、鉛を流し込んで作りました。
一個を予備に作ったような記憶があるので、探してみて、もし見つかれば差し上げますよ。

Re: (仮) - MSモデラー

2019/03/11 (Mon) 13:09:10
*.ocn.ne.jp

さいと~様の投稿を見るまでは、作りかけの存在をすっかり忘れていたのですが、棚の奥から発掘してみたら、上の投稿に書いた内容はちょっと違っていて、機首クリアーパーツと胴体との接続部ではなく、胴体部品の左右の合わせ目に生じたトラブルでした。

しかも、すでにサンドペーパーで問題個所は補修してあり、下塗り待ちの状態でありました。10年も放置したので記憶が違っていたということです(汗;)

ご無沙汰しております jade

2019/03/05 (Tue) 22:11:47
*.dws.ne.jp

こんばんは。ご無沙汰しております。
皆さまお変わりありませんでしょうか。
私は去年の後半から今年にかけて仕事が増え、なかなか模型に触れない日が続いておりました。

が、ようやくモチベーションが蘇り、作りかけだった戦車(ブレンガンキャリアー?)の製作を再開致しました。超苦手な塗装もあり、間に合う気がししませんが、とりあえずできるところまでやってみて、ダメそうなら塗装がないガンダムに浮気しようと思っております。

遅ればせながら今年もよろしくお願い致します。

Re: ご無沙汰しております - 事務局 江井

2019/03/10 (Sun) 19:58:46
*.ocn.ne.jp

Jade様、今回も投稿、ありがとうございます。ブレンガンキャリアーの完成を心よりお待ちしております。AFV車両、それも第二次大戦当時のものでありますと、当会の会員の得意分野であります。今回の合同展には、これまでで最大の10名を超える会員が参加の予定です。Jade様のキットについて、話題として大いに盛り上がること間違いありません。そして、当会の今回の展示テーマは「注目!自衛隊」ということですので、以前製作されました自衛隊車両もぜひご持参いただければ嬉しいです。

 そして、お仲間の小林氏にもよろしくお伝えください。

 写真は昨年持参しました、アメリカ陸軍M40自走砲です。この車体の塗装はわずか45分です。薄めに塗装して、退色した状況ということで終了し、その後ウエザリングとして薄めたエナメル塗料で雨やほこりの再現を少々おこなった程度ですよ。

予定はバトル・オブ・ブリテン - 事務局 江井

2019/03/03 (Sun) 17:44:37
*.ocn.ne.jp

  さいと~様、零式艦上戦闘機他に搭載の栄エンジンに関する貴重な情報、ありがとうございます。当会員で気になる方々が何名かいるようすです。1月例会時でも、零21型の整備マニュアルを気になさっていた会員がおりました。

 さて、予定は未定の状況ですが、こちらは1/48の航空機を、写真のように海面上に展開してみました。タミヤの新キットスピットファイアMk1を中心に、1940年夏から秋の「バトル・オブ・ブリテン」の場面をビネットにしてみました。他の2機は上部後方がMe109E(タミヤ)、下がHe111(モノグラム)です。

Re: 予定はバトル・オブ・ブリテン - 事務局 江井

2019/03/03 (Sun) 17:47:35
*.ocn.ne.jp

昨年のMe109G6のとき同様で、4mmアルミ棒で機体を支えています。運搬時の収納を考え、機体とアルミ棒、それとベースとアルミ棒も接着はしない予定です。

Re: 予定はバトル・オブ・ブリテン - 事務局 江井

2019/03/03 (Sun) 17:56:10
*.ocn.ne.jp

  こちらが展示ベース正面からの状況です。

  1969年公開の同名映画(日本では「空軍大戦略」)に感銘を受けての製作なのですが、果たしてその緊迫感が再現できるか、少々不安です。ベースの一部を、ドーバー海峡に面したイギリスの海岸にしたいと考えています。

Re: 予定はバトル・オブ・ブリテン - MSモデラー

2019/03/05 (Tue) 23:57:39
*.ocn.ne.jp

新作のビネット大変楽しみにしています。

「ドーバーの白い崖」の表現は難易度が高いでしょうが、雰囲気を盛り上げるでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=v6u4JxgE2S4

https://www.youtube.com/watch?v=8WmyR6Mjj98

ロシアで開発されたPCゲームの動画ですが、He111の機内の表現など、作りこみのこだわりは半端ではありません。少しでもモチベーションアップのお役に立てれば、と。


さかえ さいと~

2019/03/02 (Sat) 14:21:38
*.odn.ne.jp

皆さん、これ買いますよね!?

https://www.ei-publishing.co.jp/articles/detail/others-481039/

https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/480971/

予定は未定の・・・ - 事務局 江井

2019/02/24 (Sun) 20:14:04
*.ocn.ne.jp

  コクピットに座るパイロットたちを、それぞれの機体に取り付けました。右から新スピットファイアMk1、中央が旧型の同機、左がMe109Eです。

Re: 予定は未定の・・・ - 事務局 江井

2019/02/24 (Sun) 20:24:21
*.ocn.ne.jp

 英独の代表的な戦闘機ですが、両機ともコクピットはずいぶんせまいように思います。

 この後、各種の翼や車輪、アンテナその他のパーツをを取り付け、コクピット部分をマスキングテープで完全に覆い、塗装作業に入ります。このコクピット部分にマスキングしたところから塗料が吹き込まないように、しっかりマスキングするのが少々たいへんです。

Re: 予定は未定の・・・ - 事務局 江井

2019/02/24 (Sun) 20:29:50
*.ocn.ne.jp

  こちらはHe111の上部銃座に取り付け予定の搭乗員です。後方上部から攻撃して来る敵機に対して7.92mm機銃で対応します。その機銃は、この後に装着します。

 この登場員は他のキットからのものを組み合わせて作成しました。

ベルゲパンター完成です - 槙建築模型部

2019/02/24 (Sun) 08:51:15
*.bbtec.net

昨年末から製作していたベルゲパンターが完成しました。
いつもより大きい飾り台を製作し、タイトルプレートを取り付けました。車輛を斜めに配置しようとも考えたのですが無用なスペースが沢山出来てしまいその結果、飾り台も大きくなりすぎるのでこのような配置となっています。

Re: ベルゲパンター完成です - 槙建築模型部

2019/02/24 (Sun) 08:55:03
*.bbtec.net

後ろから。

Re: ベルゲパンター完成です - 槙建築模型部

2019/02/24 (Sun) 09:02:13
*.bbtec.net

車体上面は3㎜の全ねじボルトを4㎜のステンレスパイプに通して宙に浮くようにして固定しています。

Re: ベルゲパンター完成です - 槙建築模型部

2019/02/24 (Sun) 09:14:08
*.bbtec.net

トランスミッションはベースにタミヤの履帯色を塗装し、鉛筆の粉をエッジ部分に擦り付け、埃色でウオッシング後オイルの滲みをところどころに垂らしています。

Re: ベルゲパンター完成です - 槙建築模型部

2019/02/24 (Sun) 09:28:11
*.bbtec.net

ウインチはこの車両で一番錆付きやすい部分ですので、ちょっとオーバー表現ですがアイキャッチのポイントとして差別化を図るために多めに錆を入れています。
ワイヤーは付属の紐を使ってダークブラウンに塗装後、本物の錆の粉をまぶし、鉛筆の粉で金属感を表現しています。

Re: ベルゲパンター完成です - 槙建築模型部

2019/02/24 (Sun) 09:47:20
*.bbtec.net

エンジンはほとんど見えなくなってしまいました。結構、苦労して作ったんですけど。
駐鋤は錆止めや塗装の剥がれを表現するためヘアスプレー技法により実際に剥がしています。その後エッジ部分に鉛筆を擦り付けています。駐鋤を含め全体的に泥汚れはウエザリングペーストを使用しています。

Re: ベルゲパンター完成です - 槙建築模型部

2019/02/24 (Sun) 09:57:36
*.bbtec.net

車体右側面。車載工具の木部は木甲板色で下塗り後、油彩のバーントシェンナで木目を書くように塗装し、エナメルの溶剤でぼかしています。

Re: ベルゲパンター完成です - 槙建築模型部

2019/02/24 (Sun) 10:24:44
*.bbtec.net

ダメージ表現は最小限にしています。(自分としてはですが)。武装はMG34が右側に付くのみで中央にはマウントしかついていませんでした。長々とすみませんでした。以上です。

Re: ベルゲパンター完成です - 事務局 江井

2019/02/24 (Sun) 20:10:35
*.ocn.ne.jp

槙建築様、ベルゲパンター完成、おめでとうございます。

  内部構造を紹介するための、効果的な展示方法を実施しており、とても良いアイデアですね。

 実車だとこういうふうに見ることは不可能に近いですので、拝見する側にとってはとても嬉しいですね。それに、このフルインテリアの模型ですと、製作したモデラーは当時の工場スタッフや運用する兵士たちと同様に、その構造や装備品の状況を実際と同様に理解できます。槙建築様は、今回とても貴重な体験をなされましたね。お疲れ様でした。

 そして、素晴らしい塗装の仕上がりも含め、私とてしても、実際に拝見したい気持ちでおります。今回もご投稿ありがとうございます。

 

2019年 SHS向け作品 作成中 岩佐

2019/02/17 (Sun) 20:25:51
*.ocn.ne.jp

AFV部会@東京支部 岩佐です。

1942年 セバストポリ要塞攻略戦 カール自走臼砲 弾薬運搬車 のジオラマを作成しています。

現在組み立てが8割程度終了して、フィギュアのディテールアップに取りかかっています。

フィギュアは総勢30名、結構手間が大変です。

Re: 2019年 SHS向け作品 作成中 岩佐

2019/02/18 (Mon) 21:26:36
*.spmode.ne.jp

槙建築模型部さん


コメントをありがとうございます。

カールの発売当時入手が出来ず、今さらですが中古店で運良く見つける事が出来ました。

弾薬運搬車もE型が再現出来ないことから、ドラゴンのE型とニコイチで作成しています。

フィギュアはこの砲兵セットを4セット入手して、身長の短縮や腕の入れ換え、足の開き具合の変更などで変化をつけています。
また、ヘッドは最近の3Dスキャンが素晴らしいタミヤ製に全て入れ換えて作成しています。

手前の将校たちはあと4名コート姿を追加せねばならず、市場在庫を探しているところですね。

なんとか頑張って静岡へ持ち込みたいところです。

Re: 2019年 SHS向け作品 作成中 岩佐

2019/02/23 (Sat) 20:11:32
*.ocn.ne.jp

周辺で様子を伺う将校を作成しています。

東部戦線では通常のウール製のコートですと、泥まみれになることから、オートバイ伝令兵に支給されたゴム引きコートを着用している将校が多々見られます。

これを再現してみます。

2月例会、お疲れ様でした。 - 事務局 江井

2019/02/21 (Thu) 20:45:59
*.ocn.ne.jp

  槙建築様。製作状況の写真、ありがとうございます。ていねいでベルゲパンターの使用感あふれるウエザリング塗装、今回もほんとうに良い仕上がりですね。

 私の場合、異なる塗料、または市販のパウダーでの重ねによるウエザリング塗装です。あまり自然な感じを出すことができないでおります。

 岩佐会員さん、静岡に向けてだいぶ作業が進んでいる様子ですね。今回も大型ジオラマでの力作ですね。岩佐会員さんのフィギュアの仕上がりがいつも注目を集めています。今回はこれまでで最多の登場です。今回も完成作品に大いに期待しております。

 さて、会員の皆さん、2月例会お疲れ様でした。例会の様子をMeetingコーナーに掲載しましたのでぜひ、ご覧ください。
 
 写真は鈴木洋一会員によるタミヤ1/35ソ連軍仕様のスカウトカーM3A1です。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.